「29日間冬の北海道滞在記」その5 小樽2

運河沿いに石造りの倉庫群が並び、ルネッサンス様式などの
歴史を感じる建物が残っている町、それが小樽です。
港湾都市だった小樽の経済的繁栄は日本郵船によるものだそうです。

日本銀行旧小樽支店(明治45年7月建)
 金融資料館として無料で開放されています。
画像

一万円札(A000009A 本物)
 同じ番号の千円札、五千円札もありました。
画像

一億円を持ち上げてみよう
画像


旧三井銀行小樽支店(昭和2年建)
画像


旧百十三銀行(明治41年建)
 現在ガラス工芸品ショップ「浪漫館」
画像

 浪漫館
画像


岩永時計店(明治29年建)
画像

重要文化財の旧日本郵船株式会社小樽支店(明治39年建)や旧北海道銀行本店、旧安田銀行小樽支店など
歴史を感じる重厚な石造の建物が沢山あります。また近年石原裕次郎記念館が出来てます。


銭函(小樽に近い町)
 昔ニシンの豊漁で漁師の家に「銭函」があったといわれ、地名、駅名になりました。
画像

吹雪で荒れる銭函海岸
画像

銭函川のカモたち
 外気温が氷点下ですが水中のほうが暖かいようです。
画像

銭函駅横の「豊足神社」
画像


次回は昭和記念公園の桜などです。
そのため「冬の北海道滞在記」は一回お休みします。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのトラックバック